成功談より失敗談を参考に

バイクに乗るときは「もちはだ」で防寒しよう

 バイク乗りの間で最近とても流行っているのが「もちはだ」というインナーです。なぜバイク乗りの間で「もちはだ」が流行っているのかというと、それはバイクに乗っていても寒くないインナーだからです。
 真夏の時期ならば別ですが、少しでも空気が冷えてくると、バイクに乗っているときの寒さがとても気になるようになってきます。短時間バイクに乗るならばまだ良いですが、長時間バイクに乗ると体が芯から冷え切ってしまうので、本当に辛い思いをすることになります。
ここ一番の売り場ならバイク 買取のサイト。

 

 ライダースジャケットなどを着込んでなるべく保温に務めようとしても、それには限界があります。ですが、この「もちはだ」を着込んでいれば、あたたかい状態を保ってバイクに乗り続けることができます。バイクの欠点は何と言っても寒さなので、その寒さを軽減してくれる「もちはだ」は、バイクに乗りにとって今や欠かせないアイテムです。
 ですので、今冬も「もちはだ」を着込んでバイクに乗りたいと思っています。