どもりを改善するために私が取った行動

どもりを改善するために私が取った行動

吃音症・・・つまり「どもり」は人とコミュニケーションをする上で、恥ずかしい思いをするケースも多々あり、悩んでいる人は多いと思います。詳しく知りたいならどもり 原因で調べましょう

 

かくいう私も、昔から舌っ足らずでどもりがあり、うまく言語を発音できない癖があったので人から嘗められるケースもしばしばあったものです。
また、中学時代に引きこもり体験もあったせいかしばらく人付き合いが苦手で、それも影響してさらにどもりが加速したように感じます。
現在は普通に発音ができ、どもりが解消できたと思いますが、方法としては次のことを実行しました。
ひとつは、大前提として重要かと思いますが、「自分に自信をつけること」。
自分に自信が無いから発音が中途半端になりどもりになっていましたので、自信を持って発言できるように、自分の仕事スキルを高めることで発言に自信を持てるようになり、舌っ足らずな言い回しは解消されました。
また、それに一役買ったより簡単で実践的な方法は、「ういろう売り」を日ごろから読むことです。
アナウンサーや声優などの登竜門的な早口言葉ですが、これをある程度言える頃には格段に滑舌がよくなっていました。困ったときはどもり 原因で検索!

 

すごくお勧めの方法です。